還暦を超えても、未だにキャロウェイの好きな?
俺のひとりごと・・・

 Back Number1  Back Number2  Back Number3  Back Number4  Back Number5  Back Number6  Back Number7I

Back Number8


VOL.1744 隠居生活

「王、長嶋が向日葵なら、俺は野に咲く月見草」とコメントした野村選手はボロボロになるまで現役
に執着し、その後は名監督、名解説者となられました。

さてさて私ですが、前回は今年の「関西シニアゴルフ選手権」決勝開催コースに行って来ました。
大学同期の4名ですが、よしゃ〜良いのにレギュラーティー(約6500y)からの無謀な挑戦となり、
パー3ホールは誰一人として乗らず、約10mのパットが当日の唯一のバーディーチャンスだという
悲惨な状況でした。右ドックレッグホールではそのコーナーまでティーショットが届かずセカンドを
刻む状況(汗;)で、ヨレヨレとなって帰って来ました。

今更体を鍛えてどうのこうのは全く無く、ギアも頻繁に変える予定も無く、今後は重箱の隅をつつく
ようなひとりごとやぼやきでお茶を濁したいと思います。

そんな私が今一番替えたいギアはアイアンです。待っているのは EPIC Flash Iron です(笑;)


VOL.1743 令和最初に引退宣言!

靴下は立ったまま履けない、仕事は休み休みで、一気に出来ない、疲れが中々取れない云々と、
還暦を超えてから体のあちこちにガタが来ています。

それなのに70歳超の某プロは「あと15y〜20y近く距離が欲しいから何か作戦を練るよ」と、引退の
いの字も出さずに帰ったそうです。6500yで飛距離が足らないなら7200y超が普通なトーナメントの
コースでは益々しんどいのでは?と・・・

そんな中で久々にツアーバンを訪問しましたが知らない顔だらけでした。苦手だった方は退職され、
他の顔見知りの方々はツアー数の多い女子ツアーに移動と、浦島太郎状態でした。

そんなこんなで、私も引退します!


VOL.1742 平成の最後に引退勧告! 

近所の70歳超の魚屋のオヤジさんに、60歳を超えたらしんどくなるけども、70歳を超えたらもっと
しんどくなると聞いています。そんな中での70歳超の永久シードを持つ某プロですが・・・

ゴールデンウィークと言えば、名古屋ゴルフ倶楽部和合コースで開催される「中日クラウンズ」です。
このトーナメントで5回優勝。このコースで開催された1989年の「日本オープン」での17番のパー3の
グリーン左バンカーからのチップインバーディーは鳥肌ものでした。

そんなプロも齢を重ね、腰痛で棄権だらけの有様です。以前に海外のプロが引退する時、「私が出場
する事で、優勝の可能性の有る若者が一名出場する事が出来なくなる。」と言っていたような気がする
のです?が、そのセリフをそんな彼に伝えてあげたいです。

昭和、平成と活躍し、新元号令和での最初のトーナメント、それも得意とした名古屋ゴルフ倶楽部和合
コースでの引退となれば、それはそれで良い花道になると思うのですが・・・


VOL.1741 ぼやく・・・(汗;)

先日のゴルフは雨予報ながらも降らずに良かったのですが、スコアは最悪で語る気もしません。
余りの情けなさにぼやく気も・・・

ぼやくのは社外品のぺリメーターウェイトを装着したドライバーです。何回か使用していると段々と
ネジが緩んできて動き出すのです。重量違いを別々の出品者から1個ずつ購入しましたが、一つは
ネジをしっかりと締める(以前経験しているのでネジ穴を舐めないようにだけは気を付けましたが
・・・)と、ネジ山が潰れて馬鹿になってしましました。

左が社外品、右がキャロウェイ社製ですが、縁取りの部分の高さが全く異なり、社外品の方が浅い
ですし、ネジの太さもキャロウェイ社製の方が太いです。

次にぼやくのはローグのオリジナルヘッドカバーです。サイズが非常に窮屈で、出し入れするのに
非常に苦労します。出し入れでカバーにも負担が掛かるのでしょう。カバーサイドの縫い目の破れが
多々目につくようです。