今でもキャロウェイ好きですか!?

 Back Number1  Back Number2  Back Number3  Back Number4  Back Number5  Back Number6  Back Number7


VOL.1691 現況報告とリセット!

本日病院に行って来ました。何処の整形外科にしようかと思いましたが、最終的にはMRI検査も念頭に置いての
一番近所にある「堺市立総合医療センター」です(汗;)

紹介状無しの初診には選定療養費(税込)の5400円は掛かるし、予約も無しなので8時過ぎに受付を終えたのに
診察は12時前でした・・・(待;)

診察の後にレントゲン撮影をし、その画像を見ての診断は「頸椎椎間板ヘルニア」で、MRIは有りませんでした(笑;)
これには治療法はこれといって無く、痛みに慣れる感しか無いようですが、色々余計な事を悩んでしたのである程度
安心しました。

リセット!に関しては、「茨城ゴルフ倶楽部」遠征の直前に練習に行き、余りにアイアンがぺシャっとなるので宅急便で
バッグを送る際には元エースの RAZAR X アイアンを送りましたが、体が不調な上に炎天下での歩きのラウンドでは
N.S.PRO850GH(R)のシャフトも少々?手強かった(ピンまで残り約138yを#7でナイスショット!のつもりも手前BK)で、
70g台シャフトで観念する事となりました。

ドライバーに関しても Big Bertha BETA のバットを継ぎ足して46.5インチに仕上げましたが、エースドライバーの XR16
とどっこいどっこいで、今一度リセットです。


VOL.1690 続・新しい休日の過ごし方・・・

勤続40有余年、体はガタガタです。そこで週休二日制を取り入れようと思っています。普通なら二日連続のお休み
ですが、私は水曜と日曜にしようと思っています。

それで日曜日お休みの予行練習に、先日中京競馬場へ行って来ました。

その日はプラスで終える事が出来ましたが、毎週続けるとマイナスになるのは明白で、日曜日も休みにするのならば
この歳になってからの会員権購入も有りかな〜と思っています。


VOL.1689 新しい休日の過ごし方・・・

来月の「茨城ゴルフ倶楽部」遠征までラウンド予定も無く、当然ながら練習に行くまでもなく、益々ゴルフ熱が冷めかけて
いますが、そんな私の休日の過ごし方と言えば・・・店の備品の仕入れで道具屋筋に行ったついでに新世界でお馴染みの
串カツでは無く、最近はホルモン焼きに嵌っています。

ハラミ、マルチョウ、上ミノで腹を、冷た〜いビールで喉を満たし、こんな事で良いのかと少しだけ反省しつつ・・・(汗;)


VOL.1688 スコアの決め手!?

ティーショットを打ってもグリーンまでまだ200y以上残る絶望的状況、ここでFWをミスるともうボギーの目は殆ど有りません。
前回のラウンドではそこを上手くクリア出来たので3パットや池ポチャ等の大きなミスをしたホール以外はほぼほぼボギーで
上がる事が出来ました。そんなFWと言えば・・・

エースは SPEEDER FW50(R)装着の X HOT #5W / #9Wです。次は EPIC USの#5W(カチャカチャ機能付きで18度設定で
使用)
/ #7Wで、シャフトは SPEEDER EVOIII FW50(R)。これは打感の硬さに少々・・・で、次は友人の XR16 #4W / #7Wを
試打して絶対に#4Wは不要!と認識を高めた後の ROGUE Star #5W / #7W ノーマルシャフトのSRでした。 これは打感の
硬さとあっちゃ向いてのフェースが解消されて
マズマズ以上に良かったのですが、何で手放したのか?今だ謎です・・・(汗;)


VOL.1687 ドライバーの前に・・・(笑;)

久々に良く晴れたお天気の元、愛知県の「南山カントリー倶楽部」にお邪魔しました。ドライバーの結果は!?の前にそれより
重要なフェアウェイウッドに関して少々・・・

前々回のシニアとのラウンドで思い知らされたのはフェアウェイウッドの重要性です。ドライバーの飛距離の差約20yが第2打を
終えると、約40yの差になっています。彼らはティーショットをミスってもセカンドのフェアウェイウッドでソコソコの所まで
持って来ます。

今回のラウンドでは良く使用したフェアウェイウッドに大きなミスが無かったのでスコア的には非常に助かります。が、白マーク
から回ったはずなのにそれだけフェアウェイウッドを多用したという事は、ドライバーは・・・(泣;)


VOL.1686 無理からは・・・(泣;)

事前に練習には一度だけ行きましたが、LEGACY PLATINUMはボコッとした打感と間の抜けた打球音、それと一番問題だった
ちゃんと打てない(汗;)等が積み重なってのお蔵入りとなりました。

で、持って行ったのはBig Bertha BETAだったのですが、雨中のラウンドだったのかどうかは?ですが、捉まりきらず右に飛ぶ球が
多く、フェースの左向け加減が足らんのか?、やっぱり11.5度が正解やったか?と少し反省モードでした。このシャフトのバットを延長
して65.25インチ位で使用して見ようかと思ってはいますが、フェアウェイは水浸しでランも無く、キャリー180y強が一杯一杯の状態
だったし、途中で鉛が外れて知らんまにバランスC6.5で振っていたりと正確なジャッジは出来ず、今一度条件の良い元で使用してから
決めても遅くはないだろうと、次回の愛知県の井上誠一氏設計コース「南山カントリー倶楽部」で今一度!ですが、雨は降らんやろね〜


VOL.1685 無理から・・・(汗;)

乾燥室に白や黄や赤や青の華が咲く一日でした。ここの所毎水曜日雨(泣;)。本当なら行きたく無いのですが、ドライバーの
出来を試したいがために取り敢えずコースまで行き、そこで判断しようと相成りましたが、一度コースまで来てしまうと今頃家に
帰ってもする事もないしなぁ〜とか考えたり、次々スタートしていく年配の方々(コンペだったようです・・・)を目の当たりにすると、
中々とんぼ返りは難しいものです(笑;)・・・


VOL1684 長尺化

長くする=バランスが重くなるなのでシャフト先端にスリーブの付いたクラブはご法度でしょう。そこで選び出したのは元々長尺(45.75
インチ)として発売されていた上の画像のドライバー2種です。

先ずはレインボーに輝く LEGACY PLATINUM です。オリジナル状態の 286g / C9 / 45.75inch を約40gの装着グリップから約52gの
グリップに替えて約2cmシャフトを延長させました。で、 299g / D0 / 46.5inch のドライバーとなりました。

もう1本は「さぁ あの頃の飛びへ」でお馴染み?な、Big Bertha BETA です。カスタムのSPD 474(R)装着で 263g / D1 / 45.75inch
は流石に軽過ぎ!。約25gのグリップを50gのグリップに替えてバランスが C6.5まで落ちたので鉛で調整し、292g / D0 となりました。


VOL.1683 取り敢えず・・・

お昼の休憩で誰もアルコールを摂取しない中、一人ビールと焼酎を飲みながらお話を伺っていましたが、取り敢えずドライバーの
飛距離が圧倒的に不足しているそうで、せめて今より後10yはコンスタントに飛ぶようにならないとお話にならないそうです・・・(泣;)

それで午後からは皆さんのギアを覗きましたが、3人共ドライバーのシャフトは50g台(2人がComposite Techno Fire Express K2
で、1人はWACCINE COMPのGR350)で、一番若いシニアのフレックスはGR350のX。後の2名はSでした。

アイアンのシャフトは3人共フジクラで、一番年配者の方が1人がMCI 90(S)、他の2人はMCI Black 80(S)でした。私はMCI 70(R)
ですけど・・・

最終ホールのティーインググランドで1人のドライバーを持たせてもらいましたが私のドライバーより遥かに長く、聞けば47インチ仕様
との事でした。年を取りトレーニング等は全くせず、体力がどんどん衰えていく私に残された手っ取り早い飛距離アップへの道は
やはり長尺化しか無いのか!?


VOL.1681 スペシャルゲストは?

定休日無しでシーズン中は早朝〜通常〜薄暮〜ナイターとフル稼働。昔はスタート室前にATMまで設置されていた、堺では猛者の
集まるゴルフ場として有名な某コース所属で、その猛者達も避けるという(汗;)御年71歳の方が参加されました。

ピンと背筋が伸び、ピンに対して本当にスクェアなアドレスを見て、只者ではないという思いを深く持ちました。ドライバーの飛距離は
ゆったりとしたスイングから、切磋琢磨な二人(私は範疇外です・・・)よりまだ先まで飛んでいます。

以前は良く競技にも出ておられたそうですが、腰を痛めてからは歩きでの連日のラウンドが辛くなり、今はプライベートなラウンドのみ
との事でした。淡々と物静かにゴルフをするこの方を見ていると本当に簡単そうで、グァッ!、ギャァ〜!、あァ〜と咆哮する私がとても
情けなく思えます・・・(泣;)


VOL.1680 怖い物見たさはどうなった?

グリーンはエアレーションで転がりがイマイチでしたが、グリーンの良い状態だったら一体どんな事になっていたのでしょう・・・(怖;)
半年以上ぶりの私のスコアはさておいてです(汗;)が、「勝負に不思議の勝ち有り」でした・・・(笑;)


VOL.1679 怖い物見たさにも程がある・・・(汗;)

先日のゴルフは私を除いた3名のHDCPの合計が4という恐ろしい組み合わせで、友人からは「よ〜そんな中でゴルフしようと
思うわ。怖い物見たさにも程が有るで〜」と言われました(汗;)が、シニアアマの上手い人のプレーを見て学ぶ事があればと、
高く付きそうな授業料にちょっと(かなり?)ビビリながらのスタートです。

一人の方はクソMの所属するコースの一昨年のクラチャンで、昨年の悪天候の中、難関コースであるゴールデンバレーで
開催された「関西ミッドアマチュア選手権決勝競技」でシニアながら35位T(2日目まで81、81で25位Tでしたが、今年の
日本ミッドは九州開催なので参加はどうかな〜で、終盤踏ん張りが効かなかったそうです・・・)という立派な成績でした。

そんな彼と是非一緒に回って見たいとの思いで今回のラウンドがセッティングされたのですが、相変わらずのクソMの戦線
離脱中でとんでもない方がご一緒する事となり、それを知った友人が漏らした言葉が題名です・・・


VOL.1678 練習にも行かず・・・

余りに肩から腕が痛く、寝る時もズキズキと疼いています。そんなで練習にも行けず(行く気も・・・(汗;))、家でTVを見ていると
面白いゴルフ番組がありました。「ゴルフサバイバル」という女子プロが10名参加して1ホール毎に1人が脱落していくという番組
です。

見たのは470yのパー5のホール。雨模様で下はぬかるみランも出ず、向かい風が吹くという過酷な条件でしたが、10名のプロ
全てがティーショットを1Wで打ち、セカンドショットを3Wで打った後(一番飛んでいたプロはセカンドで5Wを選択していたような
気も・・・)の第3打からのお話です。

残った距離と使用クラブは165y/5W、155y/9W、150y/UT5、135y/#7、127y/UT5、124y/#7、120y/#7、115y/#8、
112y/#8、100y/PW となっていました。因みにグリーンに乗ったのは残り距離が127y以下の選手でした。

この残り距離を見て飛距離の違いを思い、クラブの選択肢の考えの違いを思い、色々と考えさせらました。あのようなコースの
状況から残り135yで#7を持つなんて事はクソMだったら鼻で笑う事でしょうね・・・


VOL.1677 猫ちゃんやワンちゃんに恨みは有りませんが・・・

キャロニャンにキャロワンですか・・・(呆;)。ペットブームな日本ならではの事かも知れませんが、ペットと同じ柄のウェアを身に
着けるという事は私には考えられません。TSIホールディングスと提携して以来私とすっかり趣旨の離れたキャロウェイアパレル
からは距離を置いていますが、一度キャロウェイアパレルの方にどう思っているのか本音を聞いて見たいです。やはり売れれば
官軍なのでしょうか?

クラブに関してはここの所の出来栄えに我慢は出来ていますが、事ここに至ってはキャロウェイと距離を置こうかと・・・(悩;)

今一番ゴルフそのものに向き合っているメーカーで私が使って見たいと思うのは PING GOLF です。フォージドに惑わされる事も
無く、少ない商品のラインナップと昔からのライ角のカラーコードを未だに引き継いでいる実直なメーカーだと思いますし、昔は
ピンアイ2にも嵌っていました。そして今でも倉庫にはバブル絶頂時を終えた頃に購入した PING ANSER SCOTTSDALE が眠って
います。

事によると、「Do you like Callaway golf ?」から「An old PING man is here」って〜タイトルに・・・(汗;)


VOL.1676 肩への慰労

パブ選西日本地区決勝の練習ラウンドは雨のために中止となりました。16日のラウンドの叩き台とする予定だったので困りました。
で、道具屋筋にチタンの鍋を買いに行きました。

40年以上振り続けていた鉄の打ち出し鍋の重さは約1.8kgもあり、振る時はまだましなのですが、料理を皿に盛りつける時には鍋の重みが
ズンズンと腕と肩に掛かり悲鳴を上げています。それで以前から軽い軽いと聞いていたチタンの鍋を購入しました。

重さは何と!の900gで、非常に軽いです。火加減や鍋の返り具合が従来と全く違うのでまだまだ試行の段階ですが、そこはその道40有余年
の私ですから・・・(自惚;)

これでもう暫く鍋を振れそうですが、加齢と練習不足で体力の衰えてくる私のゴルフクラブが軽くなるのは必然の事なんでしょう・・・(諦;)


VOL.1675 アイアンは?

今のままで良いのですが、練習場で周りの私より確実に年配の方々が一生懸命スチールシャフトを振っているのを見て、こんなに軽くて良い
のだろうか?と悩んでいますが、それなら見た目でスチールな ZELOS7!と思い、新発売の ROGUE Ironを見て来ましたが、すっかりAPEX
の薄いトップブレードとコンパクトなヘッドサイズに慣れた私には大きな分厚いアイアンでした・・・(汗;)

それとAPEXの#7で比べた際に、MCI70 (R)とZELOS 7 (R)ではMCI70 (R)の方が軽かった事を思い出したので却下は、ROGUEのカスタム
ではZELOS装着モデルは一本¥2000円アップとなります。これは標準がテーパーなZELOSを特注でパラレル仕上げにしたので高くなった
のかも?ですが、これも却下の要因の一つです。(それともヘッドのホーゼル部の加工?)

スポルディングの名称は売却もAPEXのブランド名は付随していないので、もう暫くするとニューエイペックスアイアンが登場するかもという
期待を持ちながら、暫くは今のアイアンを使おうと思います。


VOL.1674 暗中模索はアイアンのシャフト?

ドライバーとアイアンのシャフト重量差30g弱ですか・・・ 私のヘッドスピードは四捨五入を許して貰っての約40m/s(汗;)ですが、この伝で
行くとドライバーのシャフトが569ならばアイアンのシャフトは80g台で、474なら70g台って〜事でしょう。

それでまずはドライバーのシャフトの選択に練習場に初代 569(R)とEVOIII 474(R)を持ってカチャカチャして来ました。かなり長い間打ち比べて
見ましたが、569はしっかり振らないと駄目なのに対して、EVOIII 474(R)の方が楽に振れます。それとEVOIII 474(R)の方がシャフトの撓りを
感じられる事が出来ました。これはトルクの差?とキックポイントの違いだと思います。初代 569は先は走るのでしょうが手元はしっかり気味で、
撓りを感じるまで振れません・・・(汗;)

となると、私のアイアンのシャフトの選択肢は70g台って、それやったら今のシャフト(Fujikura MCI 70(R))でええやんか〜!も・・・


VOL.1673 いよいよ始動も暗中模索・・・ 

いきなり目の覚めるような素晴らしい球が打て、「やっぱり今ままでアンダースペック!」なんて事は漫画の世界のお話で、そんなに上手く行く
訳は有りませんがソコソコの球が出るようにはなって来ました。これはボールを打ち続けて来て体が動くようになって来たことが一番の要因だと
思うのですが、教え魔は「やっぱりそれ位重量の有るシャフトの方が挙動が安定してるし、ボールもそんなに散ってないんと違う〜?」と鼻高々
です。その日は「せやな〜」と、そのまま大人しく帰り、やっぱり軽すぎるんやろか?と、今一度アイアンのシャフトを考えてみました。

スチールシャフトなら日本シャフトさんだろうと、HPを見てあれこれシャフトスペックを調べていましたが、とあるブログが目に留まりました。
それは日本シャフトの女子ツアーレップの方が書かれているブログで、ドライバーとアイアンシャフトの重量差に関して書かれていました。

ヘッドスピード 40m〜43m/sの女子プロのドライバーとアイアンシャフトの重量差は30g弱で、男子プロの重量差は約50gとの事です。


VOL.1672 いよいよ始動も・・・

ようやくラウンドの予定が入りました。5月2日が「全日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権」と名前は大層になりましたが、昔のパブ選です。
この西日本地区決勝開催コースへの練習ラウンドのお付き合いと、5月16日は「関西シニアゴルフ選手権予選競技」開催コースへの練習
ラウンドのお付き合いです。上手な方々から得る物が有るように頑張ろうと、久々に練習に行きましたが、まともに当たる筈も有りません(泣;)

後ろで見ていた教え魔にあれこれ言われ、指図も受けましたがトホホ・・・(汗;)です。最後には教え魔も匙を投げ、「元々が手打ちやのに
軽いアイアン使こてるからアカンねん」とクラブにまでケチをつけ始め、「いっぺんこのクラブ使こてみ!」と自身のタイトリストのアイアン
(型番は興味が無いのでスルーしました)を打つように言いました。シャフトはN.S.PRO MODUS3 TOUR105(S)装着です。

渋々と打ち始めましたが・・・


VOL.1671 クラブ契約

マスターズはS・ガルシアが大コケ、F・ミケルソンは中コケで、優勝したのが長い間スタッフプレーヤーだったP・リードという踏んだり蹴ったりな
結末でした。そんなプロの中でもクラブの契約をせずに使いたいクラブを使うプロが増えているようです。

勿論ツアーで食べて行ける、若しくは他にスポンサーの付いているプロでしょうが、キャロウェイももう沢山の契約金を積んでのクラブ契約は止め、
使いたい人にはどんどんクラブを提供していく方向にした方が良いと思います。しかしそうすると不埒な輩が出て来るので、そこにある種の括りは
必要でしょう。以前伺った話ですが、クラブを右から左へのとんでもない輩がいるそうです。

契約プロでも14本全てを使用する訳で無く、他社のクラブを遠慮がちで有りながら?多数バッグに入れたりは言語道断ですが、契約メーカーに
対して律義なだけに他のメーカーのクラブを使うよりは契約メーカーで一番自分に合ったクラブを使うプロの方が良心的でしょうか?

メーカーにすれば最新作で活躍してくれるのが一番でしょうから、これは難しい問題ですね〜