還暦を超えても、未だにキャロウェイの好きな?
俺のひとりごと・・・

 Back Number1  Back Number2  Back Number3  Back Number4  Back Number5  Back Number6  Back Number7I

Back Number8


VOL.1766 続・断捨離

新たにUTを加えました。XR16 OSのUT5H(25度)とUT6H(28度)です。

X HOT #9W(23度)が170y近辺の予定なので、UT5Hには160y近辺、UT6Hには
150y近辺を受け持って貰えればと思っています。

そ〜なるとアイアンは140y近辺からで良いのでロフト30度前後の7番(飛び系の
7番アイアンはロフトが27度位なので却下)からでOKです。


VOL.1765 断捨離

最近役に立つゴルフ番組「ゴルフサバイバル」ですが、またまたタイムリーなネタを
仕入れました。520y程度のパー5のホールで、ティーショットをフェアウェイに置いた
彼女たちが残り約300yのセカンドショットに選んだ使用クラブは殆ど#3Wでした。

当然ながらにナイスショットの連続ですが、第3打の残り距離が殆ど90y〜100y強
残っているのです。という事はセカンドショットの#3Wが200y近辺しか飛んでいない
という事なんです。ミート率の良い彼女達でそんなものなんですから、ドライバーが
200y飛ぶか?飛ばないか!の私のレベルでセカンドショットを200y近く打つなんて
とっても無理な事だと判明しました。

17度の#5W(15度の#3Wをカチャカチャで17度にしたFWは打てなかった・・・)を
入れてはいますが、やはり広々としたパー5のセカンドショットではそんなクラブを
打ちたくなるのが人情でしょう。って、絶対にミスショットなんですけど・・・(汗;)

そんなこんなで、FWは X HOT #5W /#9Wの2本だけにします。偶に遭遇する
200y近辺のパー3は躊躇せずドライバーです!!


VOL.1764 EVOLUTIONの変遷

自称フジクラ応援隊としては、現在のシャフトメーカー四天王の中で一つ以上頭を
リードしているように思うのは自惚れでしょうか?

EVO IIIが12月で廃番となるのをきっかけに?「四の五の言うな。」は少しアッタス
っぽい感じのフレーズですが、今回のEVOLUTIONで6代目になるんですね。

そんなEVOLUTIONの変遷を少し見てみたいと思います。 ベースは474です。

474

Flex

Weight

Tq

Kick Point

Speeder   SR 49.0g 5.4 Low-Mid
EVOLUTION   47.5g 5.5 Low-Mid
U 51.0g 5.1 Mid
V 49.5g 4.9 Low-Mid
W 48.5g 5.2 Mid
X 51.5g 4.7 Low-Mid
Y 48.5g  5.2 Mid

フジクラさんのぶれていない所は徹底的にシャフトの走りに拘った中から先中調子の
シャフトを作り続けているという点です。これは新シャフトを出す時、絶えず旧モデルとの
差異を付ける(差別化する)のが大変だと思いますし、実際本当にそれだけの違いが
有るのかは?です。

打つた事の有るのは4種類ですが、未だに初代の白Speederを愛用している人が当方の
知り合いで2名いますし、IIIは今でも使用率の高いシャフトだと思います。が、廃番となる
以上今後は IV V VI からの選択となるのですが、これだけ横並びのスペックとなると
非常に悩む所ですね・・・


VOL.1763 アイアンのリシャフト!?

一通り考えた上で、よしっアイアンのリシャフトじゃ!でしたが、MCI Black 100に
Rの設定は無く、落ち着く所は80(R)です。が、友人から「治ちゃんてアイアンは
何番からやった〜」に「7番からやけど・・・」に、「それやったらあんまりリシャフト
する意味は無いと思うで〜」でした。

調べて見ると、MCI Black 80(R)のシャフト重量は#7 / 75g、#8 / 78g 、#9 / 83g、
PW / 91gとなっていますが、現在使用中の ZELOS8(R)は84gで、確かに大金を
賭けてまでリシャフトする意味は・・・(汗;)でした。

それならば、同じチップ径 9.02のZELOS 7(R)にするのが一番でしょうか・・・


VOL.1762 続・Tip径

モーダスツアー120じゃ〜とか言っていた方々がシニアを迎え己の体力を自覚
したのか?シャフトの選択肢(重量)が軽くなって来ています。

ドライバーのシャフトは60g台のSから50g台のSへ、アイアンシャフトのブームは
Fujikura MCI Blackです。

長い番手は軽く、短い番手は重くと重量をフローさせたシャフトで、短い番手には
軽いシャフトは要らないが、長い番手には少し軽めのシャフトで楽をしたいという
層にピッタリなようです。

で、先日友人の Fujikura MCI Black 100(S)の入ったアイアンを打たせて貰った
のですが、TMのP760という難し目な?7番アイアンでも意外と易しく打てました。

以前APEXで使用していたMCI 70(R)より打ち易く感じ、何でだろうな〜とカタログを
眺めていましたが、MCI Blackのチップ径が9.05と、MCIの9.35より細い事に気が
付きました。という事は、同じ重量帯のシャフトでもチップ径の細いシャフトの方が
軟らかく感じられるはずです。


VOL.1761 気にな〜る

渋野日向子さんが全英女子オープンを制しましたが、2日目から最終日までほぼ
リアルタイムでTV観戦しました。その中で幾つか気になった点を少々・・・

先ずは飛んで、殆ど曲がっていなかったドライバーのシャフトのスペックと、青い
カラーのアイアンのシャフトのスペック!。ピン社は結構自社製造のオリジナル
シャフトの装着率が高いのでオリジナルシャフトかも知れません。

それとあれだけハンドダウンに構えるアイアンのライ角のカラーコードです。ピンは
昔からライ角ごとに色が決まっていて、私がピンマンでアイ2を使用していた頃は、
日本人に合うカラーコードはオレンジか赤と言われていたのですが、それよりも
アップライトな白や黒の方が合う!との諸説がチョイス誌に掲載されていたように
記憶しています。果たして彼女のカラーコードや如何に!?

後気になったのはA・ブハイさんの疲れ具合です。3日目まで殆ど横並びだった
ドライバーの飛距離が最終日にはかなり差を付けられていました。これがノリノリ
20歳と少々お疲れ?30歳の体力の違いでしょうか?

やはり最後はパットの差でしょう。サラスさんが18番での短いバーディーパットを
入れていたら、入れるしかない彼女があそこまでのパットを打てたかどうか!?
です。TVを見ていて、今更にオーソドックスなピン型パターが気になった私です。


VOL.1760 新商品は!その参

その他ではカーボンとスチールの複合シャフトを装着したストロークラボのパターが
新たに出る5種類を含めた23種類のヘッドとなるようですが、私の欲しそうなヘッド(
基本的にクランクネックが希望です)は有りません。

友人がシャフトだけって入手可能なんかな〜?と言っていましたが、このパターは
従来のスチールシャフト(約110〜120g)を約75gまで軽量化する事で、シャフトが
よりしっかりし、打感が手に伝わりやすく、タッチを出しやすくなる利点が有りますが、
新たなシャフトの採用で生み出された余剰重量を、ヘッド側と手元側に最適配分(
シャフト軽量の約45gをヘッド側に約15g、グリップ部を約30g重く)しているので、
手持ちのパターにシャフトだけ装着しても殆ど意味をなさないのでは?と・・・


VOL.1759 続・色々な人と色々なお話・・・

先日のラウンドでご一緒した某量販店店長さんとで一番盛り上がった話は、BSで
放送している「ゴルフサバイバル」での女子プロのアプローチに関してでした。

たまにしか見ないのですが、「どうして彼女たちのアプローチと言えばどのような状況
でも殆ど58度なんでしょうね?」との問いに、「だから食べて行けないプロなんでしょう」
との答えでした。しかし補足すると、プロのトーナメントはグリーンが速く、硬く仕上げ
られているので、58度使用も致し方なしじゃ〜ないですかね〜との事でした。

上級者な彼ですが、1.5R目では流石に体に疲れが来てか?、ラウンドでは見られない
ようなボールの散り方でした。やはり体力は非常に大切で、普段からソコソコは体を
鍛えていないと駄目なんでしょうかね〜(汗;)


VOL.1758 色々な人と色々なお話・・・

先日久々に昨年の「関西ミッドアマ」チャンプの正木君が店に来ました。出場した
「関西アマ」に関して聞きましたが、「出るもんや無いっす」との事でした。

上位の殆どが学生(それも中学生から・・・)で、滅茶苦茶飛ばすそうで、300y近くは
行ってるんと違うかな〜との事でした。

それに関連して、以前は関西アマの予選に出ていた友人ですが、もう無理だとやっと
悟ったようで、そんな彼が言ってました。以前は所属コースによって予選会場コースが
決められていましたが、今はどのコースでも選択出来るようになったそうです。

予選開催コースは敷居の高いコースが殆どで、減り続ける一般人からのエントリーを
増やすために普段は回る事の困難なコースを選択出来るようにしたのでは?でした。

2歳年上の中学の先輩が「小野ゴルフ倶楽部」に行ってきたそうです。特別にフルバック
からラウンドしたようですが、その長さに打ちのめされ、HDCP8ながら
大台を叩いて来た
そうです。

ゴルフ仲間が「西日本ミッドアマチュアゴルファーズ選手権地区決勝」に出場する友人の
お供でよみうりゴルフ・ウエストコースに練習ラウンドに行ったそうですが、雨模様と深い
ラフ、殆ど打ち上げのホールが続く7196yにお手上げ状態だったそうです。

その友人は77 / 78で見事!、全日本に駒を進めましたが、その彼とゴルフ仲間との
飛距離の差はナイスショット時で約30y、少しミスると50yは置いていかれるとの事です。

そんなゴルフ仲間に約20yは置いていかれる私ですが、先日のラウンドではその彼と
レギュラーティ(6694y Par72)から1.5R(汗;)して来ました。


VOL.1757 新商品は!その弐

やはりUTは EPIC FLASH STAR でした。3H 17deg. / 4H 20deg. / 5H 23deg. /6H
 26deg. / 7H 29deg. のラインアップですが、オリジナルシャフトに ZELOS 7 Hybrid が
有るので、どちらかと言えばイアン寄りのUTだと言えそうです。

ウェッジはMD4の後継モデルとしてJAWSの名称が復活しました。これは従来の5V/20V
グルーブより一層スピンの掛かる(ボールにガッチリと食いつく)37V グルーブを採用した
事から来る名称復活でしょうが、旧モデルのJAWS CCは溝規制対応モデルで有り、且つ
オフセットが効いているので、今でも結構使用している方が多いです。

ロフトやバウンス、ソールの設定はMD4と変わりないようです。


VOL.1756 新商品は!その壱

私が登りでアップアップしている最中に展示会は開催されていました。その資料を頂いた
ので未だ実物は拝見していませんが、ご紹介したいと思います。

今回の新作は、飛び系ツアーモデル X Forged STAR、ぶっ飛び系 EPIC Forged STARの
2種です。それぞれのPWのロフトが43度と38度ってどうすんの?も、これでアイアンのライン
アップはフォージドのみとなり、キャロウェイの王道だったステンレス系アイアンが無くなって
しまったようで、これでもう暫くは現在の 2016 APEXを使用しそうです。

X Forged STARはPWまでのセットなので、46度か48度のウェッジが必需品となりそうです。
EPIC Forged STARはAW 43度、GW 49度が用意されているので後はお好みでしょうか?

しかし一番ビックリこいたのは、EPIC Forged STAR の価格が一本¥36000+税って事!


VOL.1755 新商品は?

キャロウェイ新商品の展示会がこの水曜日に有り、お誘いを受けていましたが、その日は
日本最古のゴルフ場(時とメンバーが揃わないと中々行けませんし、この数年の間に行って
おかないともうこのメンバーでは行けない・・・)に行くのでスルーですが、新商品に関しての
目途は大体立っています。それはカタログから落ちた商品、マークダウンした商品を見れば
良いからです。

先ずはローグアイアンの後を担う、ソールとトップブレード厚めの簡単系アイアン。ローグ、
エピックを埋めるUT。フラッシュのショートウッド(#9W、#11W)。それと以前契約プロに
配布していたウェッジのプロトタイプをブラッシュアップしたMD5って〜所でしょうか?

今一番興味が有るのは、恐らくストロングロフトな簡単系アイアンなんですが・・・


VOL.1754 Tip径

要はシャフトの先っぽの太さの事です。何故これを取り上げるかと言うと、以前 XR OSの
5UT(25度)を購入したのですが、これが非常に具合が良く、調子に乗ってUT6H(28度)も
購入しましたがこれがイマイチで、シャフトを見ると UT5Hの方は Fujikura Rombax 60HB
 (R)にリシャフトされていて、UT6HはオリジナルのSR-Flex です。やはりSRは硬いのかと
思い色々調べましたが、シャフトの太さにはウッド、UT用の335tip(8.50)、350tip(8.95)や
アイアン用の9.05tip等が有りますが基本的に数字の大きい方が太くて硬くなります。

XR OSで見れば、N.S.PRO950GHがオリジナルシャフトに有る事からチップ径はアイアンと
同じ太さの9.02tipと思われます。UT5Hにはウッド用の335tipのシャフトが入り、UT6Hは
アイアンと同じ太さのシャフトが入っているので振り心地が違う筈です。


VOL.1753 ランテージの履き心地

普段ろくに歩いてもいないのに前回で歩きの1.5Rが出来たのは、足を支えてくれたリガード
CG EX33 のお蔭だと思っています。で、お釈迦になったホワイトのソックスなんですが、
CG ソックス EX33が余りに履き難いので、次は着圧の効果感33hPa(ヘクトパスカル)より
多少圧感は減少しますが、快てき感27hPaの EX27にしようと思っていました。

しかしネットで評判が良さそうなランテージを安かった事も有り、購入してみました。
この手のソックスの肝は、指先のフィット感(共に親指と他の指の二分割になっています)と、
足首とふくらはぎの圧力感ですが、ランテージを試着した感じではリガードとの明らかな
違いは認められませんでしたし、ふくらはぎ部に縦の模様(縫い目?)がある影響か?、
リガードよりはるかに履くのが容易です。次回のラウンドで使用して来たいと思います。


VOL.1752 何も無く平穏に・・・

何とか3等(662800円)は!期待も、152176/261328 (0.582%)な6等(1100円)でした。

まぁ〜想定内な事ですが、5日間で色々夢見ていた私としては梯子を外されて少しはガックリ
です。しかし夢を見るにも程度が有り、数億円当せんしたらどう使って良いか判らず、人生も
大きく狂いそうで困ります。かといって数百万ではあれを払って、これも払って・・・(汗;)と、
直ぐにも無くなりそうで、これもまた困ります。

一番ええ当せん金額の按配は、3等と4等の格差が激しいのですが、狙いのロト6です。余談
では有りますが、殆どまともに当たる気がしないジャンボ系の宝くじは殆ど購入しませんが、
買うとなったらジャンボよりもミニである事は間違い有りません(笑;)

まぁ〜、絵に描いた餅の話はこれぐらいにしときましょう・・・


VOL.1751 期待続きの5日間・・・

一攫千金を求めロトを毎回買い続けています。月曜と木曜のロト6は各3口ずつをネットで購入。
火曜のミニロトは顔馴染みのおばさんのいる宝くじ売り場の窓口で3口購入。ロト7は当たる気が
余りしないので、2口だけネットで購入しています。水曜のビンゴ5はパスで、週に2400円です。

ネット(JNBより)で購入すると、当たった時に次のよう当せんお知らせメールが届きます。
クイックピックで購入するので購入した数字も判らず調べずで、
今回のロト7で当せんしましたが、
何等に当たったかは?で、火曜の振り込み日までドキドキです。

今回の1等は2本で、3億8940万2400円。普段なら2/10295472で、0.000000194%の確率
ですが、何等かが当せんしている現在の1等の確率は2/261328で、0.00000765%だと・・・


VOL.1750 続・リガード VS ランテージ

リガード CG ソックス EX33はホワイトとブラックの二足持っていましたが、ホワイトの方が履く
機会が多いために経年劣化でお釈迦となりました。まず初めに親指の先が破れるのですが、
これだけで廃棄するのは余りに惜しいので近所の洋服の修理屋さんに持って行きました。
(嫁さんにはとても・・・) 

「ええっ!靴下の指先の破れを修理しろって言うの!」とドン引きされましたが、非常に高価な
靴下である事と、ちゃんと洗濯してから持って来た事を説明して修理を引き受けて貰いました。

ふくらはぎに圧迫感が有り、家を出る時から履くのは無理なのでロッカーで履き替えるのですが、
履くのに少々以上に時間が掛かり、いつもロッカーの前の椅子で身を捩って四苦八苦して履いて
いますが、やはり履くときに引っ張りすぎるのも有るのでしょうか?、ホワイトの踵部が破れました。
これも修理に出そうか!?と思いましたが、修理屋のオヤジさんの引きつった顔が浮かんで諦め
ました(汗;)。


VOL.1749 リガード VS ランテージ

普段のコースならショートパンツ(既にハーフパンツの長さではないような気がします・・・)に
ショートソックスでOKなんですが、ふくらはぎ等が日焼けしてお風呂に入る時にヒリヒリするのが
嫌でハイソックスを履いています。で、どうせ履くならとゴルフ用の高いソックス履いてます。


VOL.1748 ドレスコードとシャツの裾

初めてお邪魔した「大津カントリークラブ 西コース」ですが、滋賀県のアコーディア系の中では
コースもソコソコだし、プレーフィーも安い事から東コース共々に稼ぎ頭なコースなんでしょう。

それだけに良く混んでいますが、それ以上にゲストプレーヤーのファッションに???でした。
派手な柄パンに花柄プリントのポロシャツなおじさんはまだチンドン屋みたいに派手やな〜で
済みますが、裾を出したままのTシャツでプレーしたりフロントでウロウロしている若い衆を見て、
コース側が注意しないのか!?と訝りました。それやったらTシャツやジーンズ、サンダル等で
入場しないで下さい。とは書かない事で、ドレスコードは無用にすべきでしょう。

名門コースでは入退場時にはジャケット着用。ハーフパンツにはハイソックス。シャツの裾は
パンツから出さないが必須ですが、一つだけお願いが有ります。最近のポロシャツの着丈は
非常に短くなって来ており、お腹の出た私が着用すると裾がパンツにキッチリと収まり難くて
プレーしていると段々裾がパンツの外に出て来てだらしない格好となります。

最近はシャツの裾はパンツに入れないのが風潮のようですので、せめてプレー中だけ(クラブ
ハウスに入る時は直します)は裾を出せないか!?とお願いしたいです。


VOL.1747 聞いてないよ〜(涙;)

行ったコースは初めての「大津カントリークラブ 西コース」です。アコー◯◯ア系列コースなので
カートに青い旗が立っていても高を括っていましたが、ティーインググランドで見るとレギュラーで
無くバックティーじゃ〜有りませんか!

パー3やパー5で少々短くはなっていましたが、OUT 3568y Par36 / IN 3450y Par36で、シニアの
目安の6500yは遥かに超えてるし、パー4が長めでした。

そんな状況でティーショットを打ってもまだまだ距離が残り、次打を上手く繋ぐと第3打はウェッジも
ミスると100y〜130y近辺が残り、中々飛ぶ#7を使う機会が有りませんでしたが、無理から2回使用
しました。

少しチープな打感ですが、強い球で飛んで行きます。これで飛ばない#7は約130y〜140y、飛ぶ#7は
140y〜150yを目途にしたいと思いますが、引っ掛かるのが、飛ぶ#7のシャフトがSだと(ZELOS 7)
いう事です。軽さが手伝って?問題無く打てるのですが、セットの中で一本だけSフレックスというのは
喉に小さな骨が刺さっているようで・・・


VOL.1746 2本の7番アイアン

アイアンはもう少し現状の2016 APEXを使おうと思っていますが、150y弱を受け持つ#6の当たり
具合がイマイチで、#6のロフト角(27.0度)と長さのROGUE STAR #7を購入しました。

ROGUE STAR #7は 2016 APEXの6番アイアンより遥かに捉まりが良さそうで、簡単に見えます。
2016 APEXは7番からだとオフセットが効いて打ち易そうなのですが、6番アイアンはやはり絶壁感を
感じます。シャフトが標準の ZELOS 7(S)なんですが、一度ラウンドで使用して来ます。


VOL.1745 雨に克つ!

「霞ヶ関カンツリー倶楽部」初日は関東で今年一番の大雨の中、プレーしたのは我々と中国人の
パーティーの2組だけだったと思います・・・(汗;)

ラウンドする予定でしたが、益々強く降る雨と、何かを訴えるようなキャディーさんの悲しげな
お顔を見て忖度、ハーフで終了となりました。

最近のレインウェアはストレッチも効いて良く出来ていると思っていたのですが、こんな大雨の中で
傘も差さずにプレーしていたら耐水圧20.000mmとか、透湿度20.000/m2/24hrsとか全く関係無く、
たった1ホールでずぶ濡れとなりました。グローブもびしょ濡れですが、いちいち交換するより合成
皮革のグローブは絞っただけで十分に使用出来る事が判りました。

問題はシューズで、防水が効かずに靴下までびしょ濡れとなりました。かなり以前に同じような大雨の
状況でラウンドした際は昔懐かしいPRGRのRain Comp
のウェアとキャロウェイのサドルシューズで
挑んだ筈ですが、ウェアもシューズも全く水を通さずに驚いた記憶が有ります。やはりシューズはええ
もんを買わないと駄目なようですね〜

まぁ〜これで今後は少々の雨にはビビらずラウンド出来る!と断言しときます。


VOL.1744 隠居生活

「王、長嶋が向日葵なら、俺は野に咲く月見草」とコメントした野村選手はボロボロになるまで現役
に執着し、その後は名監督、名解説者となられました。

さてさて私ですが、前回は今年の「関西シニアゴルフ選手権」決勝開催コースに行って来ました。
大学同期の4名ですが、よしゃ〜良いのにレギュラーティー(約6500y)からの無謀な挑戦となり、
パー3ホールは誰一人として乗らず、約10mのパットが当日の唯一のバーディーチャンスだという
悲惨な状況でした。右ドックレッグホールではそのコーナーまでティーショットが届かずセカンドを
刻む状況(汗;)で、ヨレヨレとなって帰って来ました。

今更体を鍛えてどうのこうのは全く無く、ギアも頻繁に変える予定も無く、今後は重箱の隅をつつく
ようなひとりごとやぼやきでお茶を濁したいと思います。

そんな私が今一番替えたいギアはアイアンです。待っているのは EPIC Flash Iron です(笑;)


VOL.1743 俺は令和最初に引退宣言!

靴下は立ったまま履けない、仕事は休み休みで、一気に出来ない、疲れが中々取れない云々と、
還暦を超えてから体のあちこちにガタが来ています。

それなのに70歳超の某プロは「あと15y〜20y近く距離が欲しいから何か作戦を練るよ」と、引退の
いの字も出さずに帰ったそうです。6500yで飛距離が足らないなら7200y超が普通なトーナメントの
コースでは益々しんどいのでは?と・・・

そんな中で久々にツアーバンを訪問しましたが知らない顔だらけでした。苦手だった方は退職され、
他の顔見知りの方々はツアー数の多い女子ツアーに移動と、浦島太郎状態でした。

そろそろ引退の時がやって来たと思っています・・・


VOL.1742 平成の最後に引退勧告! 

近所の70歳超の魚屋のオヤジさんに、60歳を超えたらしんどくなるけども、70歳を超えたらもっと
しんどくなると聞いています。そんな中での70歳超の永久シードを持つ某プロですが・・・

ゴールデンウィークと言えば、名古屋ゴルフ倶楽部和合コースで開催される「中日クラウンズ」です。
このトーナメントで5回優勝。このコースで開催された1989年の「日本オープン」での17番のパー3の
グリーン左バンカーからのチップインバーディーは鳥肌ものでした。

そんなプロも齢を重ね、腰痛で棄権だらけの有様です。以前に海外のプロが引退する時、「私が出場
する事で、優勝の可能性の有る若者が一名出場する事が出来なくなる。」と言っていたような気がする
のです?が、そのセリフをそんな彼に伝えてあげたいです。

昭和、平成と活躍し、新元号令和での最初のトーナメント、それも得意とした名古屋ゴルフ倶楽部和合
コースでの引退となれば、それはそれで良い花道になると思うのですが・・・


VOL.1741 ぼやく・・・(汗;)

先日のゴルフは雨予報ながらも降らずに良かったのですが、スコアは最悪で語る気もしません。
余りの情けなさにぼやく気も・・・

ぼやくのは社外品のぺリメーターウェイトを装着したドライバーです。何回か使用していると段々と
ネジが緩んできて動き出すのです。重量違いを別々の出品者から1個ずつ購入しましたが、一つは
ネジをしっかりと締める(以前経験しているのでネジ穴を舐めないようにだけは気を付けましたが
・・・)と、ネジ山が潰れて馬鹿になってしましました。

縁取りの部分の高さが全く異なり、社外品の方が浅いですし、ネジの太さもキャロウェイ社製の方が
太く、社外品は少々ヤワい造りとなっているです。

次にぼやくのはローグのオリジナルヘッドカバーです。サイズが非常に窮屈で、出し入れするのに
非常に苦労します。出し入れでカバーにも負担が掛かるのでしょう。カバーサイドの縫い目の破れが
多々目につくようです。