今でもキャロウェイ好きですか!?

 Back Number1  Back Number2  Back Number3  Back Number4  Back Number5  Back Number6  Back Number7I

Back Number8


VOL1716 2019年 ゴルフのルール大変更

かなり大きく改正されるようですが、気に入った点はピンフラッグを立てたままカップインしても良い(
いらちな私にはぴったりです)と、バンカー内の小石等を除いても良い(大事なクラブに傷が付くのは
極力避けたい小心者の私・・・)です。

一方、それはちょっとなぁ〜と考えさせられるのは距離計測機器の使用可能です。競技レベルでは
高低差の計測は駄目なようですが、誰がそれを取り締まれるのでしょうか?


VOL.1715 スイングで得る事が有りました

前回の「加古川ゴルフ倶楽部」で一緒だった同伴競技者は私と同じB2タイプ(一世を風靡した?この
理論はまだ生きていたのですね!?)で、スイング的に教わる事が多かったです。

先ずはボールの位置で、B2タイプはボールの位置が一番左右に動くそうです。それとスイングスピードは
テークバックもダウンスイングも出来るだけゆっくりで、やはり右側でボールを捌くようです。

言われた事を自分なりに取捨選択して出来たスイングですが、打ち方云々は別として、結構ましな球に
なって来たような気はします。

今の若手プロのスイングは皆さん非常に綺麗ですが、私がゴルフを始めた頃は藤木三郎、新関善美、新井
規矩雄、友利勝利等変則的スイングの持ち主が沢山いました。因みに今話題な虎さんですが、彼は
フィニッシュ以降が目立つだけで、それまではオーソドックスな良いスイングだと思います。

今後は格好は気にせず、今のクローズドスタンスのスイングを極めて行こうと思います。


VOL.1714 取捨選択

MODUS3 WEDGE105ってフレックス表示が無いので甘く見ていたのですが、結構重硬だそうです。
MODUS3 105(S)が106.5gなのにMODUS WEDGE105は111gも有ります。それをヘッド重量の重い
SURE OUTに入れたもんだからバランスが出過ぎた扱い難いクラブとなってしまいました。

それともう一つは簡単にバンカーから脱出してくれそうな幅広いソールですが、砂質がフワフワのバンカー
には良いのですが、日本のコースに在りがちな砂が少なかったり硬い砂質のバンカーでは逆にその幅広な
ソールが邪魔をしてトップ(ホームラン)する事が多々有ります。

あちらのコースにも砂が少ない、硬いバンカーは有るのでしょうか?。ソール開発時にはそんなバンカーでも
試打を行ったのでしょうか?。砂質の大きく異なるあらゆるバンカーを一本のSWで賄わなければならない一般
アマにはやはりオーソドックスなSWの方が良いのでは?と、倉庫からMD4 56-12 W Grindを引っ張り出して
来ました。これで次回のラウンドに臨みます。


VOL.1713 ・・・哀・・・ 

最近当店隣のカフェが閉店しました。定年退職後の旦那さんと奥さんがお始めた店でしたが、素人っぽさの
朴訥とした雰囲気でそれなりに流行っていた?と思うのですが、旦那さんの体調が悪くなり、お店を閉める事に
なったようです。「治ちゃん、お金と命を比べたらやっぱり命の方が大事やで〜」との事で、果たして俺に定年は
有るのだろうか?と考えると・・・哀・・・

先日新世界に恒例の串カツを食べに行きました。今回は同伴者お薦めの「やっこ」です。ここはフライヤーで
揚げるのではなく、昔ながらの鍋で揚げるから美味しいらしいのです。元々は年配のご夫婦でやっていたそう
ですが、ご亭主がお亡くなりになり、今は奥さんと息子さんで営業されています。

その息子さんですが、商売人には見えない大人しそうな方で、今までは裏方をしていたのですが急遽お客さんに
対応しないと駄目な状況になったようですが、その目は仕事が嫌いな私と同じ目をしていました・・・哀・・・

私を今まで育んでくれたのは津久野です。築55年を超えて耐震基準も全く満たしていない老朽化した建物ですが、
津久野駅前ショッピングセンターには28件の店舗が有ります。現在開業しているのは20件で、8件は借り手も無く
閉まったままです。

一番痛かったのは立ち読みの基点であった書店の閉店です。漫画、ゴルフ雑誌とあらゆる書籍を立ち読みさせて
貰っていた書店です。お蔭で今は立ち読み難民です・・・哀・・・

「ザ・カントリークラブ」、「加古川ゴルフ倶楽部」を終えました。ツーラウンド中のバンカーだけで約10打は
損したと思います・・・哀・・・


VOL.1712 ・・・怒・・・

余りの悲惨さに打ちのめされた私ですが、同伴競技者のバンカーショットはスパーン!という非常に乾いた音と
共にナイスアウトでした。使用クラブはMD4の58-12 W Grindで、バウンスの効いたソールの幅の広いクラブは
非常に打ち易いとの事でした。それに比べて私はSURE OUTどころの騒ぎでは有りませんでした。(怒!)

アイアンのシャフトをZELOS 8(R)に替えたので、SURE OUTのオリジナルシャフトのN.S.PRO950GH(S)では
役不足!?と、MODUS3 WEDGE 105にリシャフトして見ました。が、35インチ仕上げで出来て来たクラブの
バランスは何とD6!でどないすんねん(怒!)も取り敢えず一度使って見ようとラウンドに持って行きました。

場所はR・T・ジョーンズ Jr. 設計の滋賀県の「ザ・カントリークラブ」です。白マークからの6074yを何とか100切りで
ラウンドして来ましたが、今回のコースのバンカーの砂質はフワフワで、それはそれで又違う難しさが有りました。

今回は腰痛持ち、痛風持ち、嫁との不和による腸炎持ち(汗;)の甘いメンバー構成なのに勝ちを拾う事が出来ず
(怒!)、次回は「加古川ゴルフ倶楽部」での激闘が待っている?ので急いでシャフトカット。バランスをD3にしました。


VOL.1711 ・・・悲・・・

とんでもないラウンドでした。自分自身余りの屈辱に未だに悲しさが込み上げて来ます・・・

ドライバーは飛ばない、ついでにセカンドも飛ばない、第3打はグリーンを狙うもグリーン右のバンカーやそれより
もっと右に飛ぶという悲惨な状況でした。

となると、待ち受けるのはこれでもかっ!とそびえる、もうええって(冷汗;)と言うアリソンバンカーです。


VOL.1710 悲怒哀痛

全く予定が入らないので自ら呼び掛けるとたちまちラウンドの予定が3回入りました。これで今年は打ち止めの
予定です。が、皆さんカモをお待ちなようで・・・悲

これに発奮して3連荘で練習に行きましたが、初日はまともに当たらない、前に飛ばないと散々な状態で、
一体何年ゴルフしてんねん!!と沸々と怒りが込み上げて来ました・・・怒

翌日は練習場に友人が来ていて、あれこれレッスンもどきを受けました、曰く、体重移動が出来ていない、
B2タイプ(まだそんな理論が・・・?)なのでもっと右側でボールを捌かなければならない等、年下に色々と
言われて少々・・・哀

3日目は昨日掴みかけた?体重移動を忘れない内にと打ち始めましたが、前日に普段使っていなかった部分を
駆使したためか?腰に激痛が走り、恐る恐る打つ事となりました・・・痛


VOL.1709 ウェイト購入!

出過ぎたバランスを調整するために、社外品が沢山出ているぺリメーターウェイトを購入しました。
USのウェイト全体の重量が16gだったので 9.5gのウェイトを購入しましたが、総重量は10gでした。

純正のネジと社外品のネジに互換性は無いので、ネジの締め過ぎ(直ぐにネジ穴が舐めってしまいます)に
要注意です!と、ネジを締めようとして落としてしまう不器用な私にスペアのネジ付随は嬉しい配慮です。

これでバランスは C9.5(W50(R))となりました。474(R)装着時には C8.5となっている筈ですが、少し軽くなり
過ぎたか!?が正直な気持ちです・・・


VOL.1708 新戦略

私の#5Wの弾道が彼らの#3Wの弾道と同じくらいで、やっぱり#5W以上のフェアウェイウッドは持てそうも無く、
12.5度で使用している XR16 にも懐疑の目が・・・で、購入してしまいました EPIC US 13.5度。

早速手持ちのシャフトへカチャカチャしましたが、W50(R)が 310g / D4、EVOIII 474(R)が 300g / D3と、少々
バランスが出過ぎているようです。