還暦を超えても、未だにキャロウェイの好きな?
俺のひとりごと・・・

 Back Number1  Back Number2  Back Number3  Back Number4  Back Number5  Back Number6  Back Number7

Back Number8 Back Number9


VOL.1841 寒い!

余りに寒くてラウンドどころか練習にも行ってません。が、よくよく
考えればラウンドに行くから練習に行くのであって、ラウンドの無い
状況下では練習なんぞ行く筈も無く・・・

取り敢えず474のシャフト毎のスペックを調べました。ヘッドは
MAVRIK 12deg.(193g)です。

EVO III 45inch. / 108g / D3.5
EVO V 45.25inch. / 116g / D3
EVO VII 45.5inch. / 109g / D6

EVO Vは52gの他のシャフトより2g重いグリップを装着です。


 VOL.1840 今年最後の・・・

コロナ禍の中、ひっそりと新商品の展示会が開催された
ようですが、今回は潜入していません・・・(汗;)

因みに、いつも同時期に開催されるテーラーメイド SIM2?の
展示会は行われなかった模様です。

情報解禁は来年の1月20日だと伺っていますが、今回は
EPICとAPEXのニューモデルの模様です。

未だMAVRIKが好調で、コロナ禍の影響も有るだろうに、もう
新商品を発表しなければならないメーカーさんも大変ですね〜

と言いながら、MAVRIK MAX のアイアンをオーダーしようと
思っていましたが、ニューAPEXを見てからにしようと思う
今日この頃です。


VOL.1839 試したかった・・・

 

先調子の歴々 III V VII です。(IVとVIは打ったことも・・・)

色々と試打して見たかったのですが、寒波の到来で今年最後の
ラウンドも無くなりました。

来年はいつから始動出来るのでしょうか?(汗;)


VOL.1838 密かに長尺!

USツアーではデシャンボーにミケルソン等、関西でも
一部のトップアマから長尺が熱い注目を浴びているようです。

しかしトッププロでも中々実戦使用に踏み込めないのは
飛距離は魅力ながらも正確性にイマイチ欠けるからでしょう・・・

そんな中、叔父のクラブをワッグルした際のシャフトの
軟らかさ(グニャグニャ・・・)に感嘆し、今一度の長尺に
挑む事にしました。

MAVRIK 12deg. に SPD EVO VII 474(R)を47インチで
組みたかったのですが、バランスが出過ぎるので46.5インチに
して、5gのウェイトを2gに替えてD3となりました。

長尺にしたい方は MAVRIK MAX のヘッドだと10gと
2gのウェイトなのでかなり軽量化が出来ると思います。


VOL.1837 日本で一番柔なシャフト?のSUB ZEROはどうなった?

スペックを調べて見ると、重量298gで
バランスは何と!D8.5。

1インチ伸ばしたのと、40g台のグリップを
装着したのも一因だ
と思いますが・・・

余りにバランスが出すぎているので鉛で
調節する事にしました。幸い?にSUB 
ZEROには2gと14gのウェイトが装着
されているので、取り敢えず14gを外して
計測するとC9まで下がりました。

そこに私のMAVRIK FWに装着されて
いる2gのウェイトを装着するとD0.5と
なりました。

これでえぇ〜具合との事なので、社外品の
2gのウェイトを購入して装着しました。


VOL.1836 トゥーロン出てる!

私がウェブ上で夢見た、トゥーロン
ATLANTA ダブルベントネック仕様が
某オークションに出ています。

私が希望したのと同じドットマークですが、
やはり本体にもサイトラインは必要だと
画像を見て実感しました。

カスタムでは市販品には無いダブルベント
ネックの選択が出来、ソールには TOULON 
GARAGE のロゴも必ず入りますから余り
入札に熱くならないよう気を付けましょう!


VOL.1835 日本で一番柔なシャフト?のSUB ZERO 

私の叔父さんは70歳を超えても飛びの
追及に余念が有りませんが、スイングは
フェースを開きながらテークバックする
ローテーション型のスイングなので、左に
引っ掛かる事を極度に嫌います。為か?
フェースが左を向いたクラブはご法度で、
私が見ると右を向いているように思える
クラブがお気に入りです。

そんな彼が選択したのが MAVRIK SUB
 ZEROです。私は一応止めたのですが、
探求心の強い叔父さんには何を言っても
駄目でした。それでカスタムしたのがSUB 
ZERO 10.5度の Diamana40 for Callaway
(R)で、且つ1インチアップ。

「タイミングが取り辛くて球も散らばるけど
当たったらええ〜球出るで〜」との事。


VOL.1834 で、どうすんねん!?

ATLANTAをダブルベントで、仕上げは
ツアーシルバ―、トップには Slight Dots。

9色のカラーから選択するペイントは主に
トゥーロングリーンを中心に選択。この色に
ブルーを選択するとティファニーブルーの
プロトタイプ云々で・・・(汗;)

シャフトは当然!のストロークラボ。

ソールウェイトはT/40(タングステンの40g)、
長さは今回は35インチで、ロフトを1度増やし
(1度 Weak)てグリップを選択しての価格は
75189円となりました。悩まずクリックと思い
ましたが、今年はあと2回しかラウンドは無く、
ヤフオクでツアー支給品と称したトゥーロンの
ヘッドのみが出品されていて、トゥーロンの管理
体制にも少々の?が有ったので、今回購入は
見合わせました。


VOL.1833 続々・トゥーロンどうよ!?

悩んでいたら東京の「とらいあすとりーと」
さんからマーベリックのカラーカスタムを
購入したフェアウェイゴルフさん(キャロ
ウェイのカスタムサイトでは10万円で約
1ヶ月かかるとの事で、フェアウェイゴルフ
に発注。$610で、14日程度で到着した
そうです)の話を聞き、サイトを訪問したら
有りました!カスタムサイトが!

ヘッドは日本の4つに加えて、SEATLE、
AUSTIN、MENPHIS、PALM BEACH、
MADISONの5種類が加わります。

ヘッドの仕上げはチャコール以外の
ツアーブラック、ツアーチャコール、ツアー
シルバーに +$100加算されます。

ATLANTAではネックをダブルベントに
変更すると日本とは違い +$100です。

アライメントは +$30、ペイントは +$50。
ソールのウェイトをT/40に交換するのは
+$50。
シャフトも日本と同じ3種から選択
出来ますが、ストロークラボ装着でも加算
無しです。

これで約8万円弱と、日本でオーダー
するよりかなりお安くなるようです。

私的に気に入った点はロフトの調整が
無料で出来る事です。パターも結構
ロフトの有る方が打ち易い云々?で、
1度増やして見たかったからです。


VOL.1832 続・ TOULONってどうよ・・・

早速コースで使用しましたが、ストローク
ラボシャフト装着のトゥーロンはバランスが
軽めになるのでしょう、S/20(ステンレスの
20g)のウェイトがソールに装着されていま
すが、振った感は軽く感じられます。

それだけに手で操作する感が多くなり、
距離感が一定しませんでした。早々に
退場願つて、ソールウェイトにT/40
(タングステンの40g)装着モデルを
オーダーしようと思いました。

キャロウェイのHPからオーダー出来る
ヘッドの形状は SAN DIEGO、CHICAGO、
ATLANTA、LAS VEGASの4種類です。

ツアーブラック、ツアーチョコレート、ツアー
シルバ―の3種類から仕上げを選択する
事が出来ますが、傷が目立たないツアー
シルバーにするのが無難な選択だと・・・

ヘッドはATLANTAと決めていたので、人と
被らない市販には無いダブルベントネック
選択は必至!です。

これをベースにアライメント(ヘッドの
上部にドットやサイトラインを追加)を
+4000円、ペイント(ロゴやスウォールの
ペイントのカラーを自由に何色も替える
事が出来ます)+6000円、ストロークラボ
シャフト+6000円(スチールやブラックは
追加金額無しです)、T/40ウェイトに変更
+6000円等を加えて行くと税込み約11万と
なり、非常に躊躇する状況と・・・(汗;)