Back Number 8


VOL.1671 クラブ契約

マスターズはS・ガルシアが大コケ、F・ミケルソンは中コケで、優勝したのが長い間スタッフプレーヤーだったP・リードという踏んだり蹴ったりな
結末でした。そんなプロの中でもクラブの契約をせずに使いたいクラブを使うプロが増えているようです。

勿論ツアーで食べて行ける、若しくは他にスポンサーの付いているプロでしょうが、キャロウェイももう沢山の契約金を積んでのクラブ契約は止め、
使いたい人にはどんどんクラブを提供していく方向にした方が良いと思います。しかしそうすると不埒な輩が出て来るので、そこにある種の括りは
必要でしょう。以前伺った話ですが、クラブを右から左へのとんでもない輩がいるそうです。

契約プロでも14本全てを使用する訳で無く、他社のクラブを遠慮がちで有りながら?多数バッグに入れたりは言語道断ですが、契約メーカーに
対して律義なだけに他のメーカーのクラブを使うよりは契約メーカーで一番自分に合ったクラブを使うプロの方が良心的でしょうか?

メーカーにすれば最新作で活躍してくれるのが一番でしょうから、これは難しい問題ですね〜


VOL.1672 いよいよ始動も・・・

ようやくラウンドの予定が入りました。5月2日が「全日本シニアアマチュアゴルファーズ選手権」と名前は大層になりましたが、昔のパブ選です。
この西日本地区決勝開催コースへの練習ラウンドのお付き合いと、5月16日は「関西シニアゴルフ選手権予選競技」開催コースへの練習
ラウンドのお付き合いです。上手な方々から得る物が有るように頑張ろうと、久々に練習に行きましたが、まともに当たる筈も有りません(泣;)

後ろで見ていた教え魔にあれこれ言われ、指図も受けましたがトホホ・・・(汗;)です。最後には教え魔も匙を投げ、「元々が手打ちやのに
軽いアイアン使こてるからアカンねん」とクラブにまでケチをつけ始め、「いっぺんこのクラブ使こてみ!」と自身のタイトリストのアイアン
(型番は興味が無いのでスルーしました)を打つように言いました。シャフトはN.S.PRO MODUS3 TOUR105(S)装着です。

渋々と打ち始めましたが・・・


VOL.1673 いよいよ始動も暗中模索・・・ 

いきなり目の覚めるような素晴らしい球が打て、「やっぱり今ままでアンダースペック!」なんて事は漫画の世界のお話で、そんなに上手く行く
訳は有りませんがソコソコの球が出るようにはなって来ました。これはボールを打ち続けて来て体が動くようになって来たことが一番の要因だと
思うのですが、教え魔は「やっぱりそれ位重量の有るシャフトの方が挙動が安定してるし、ボールもそんなに散ってないんと違う〜?」と鼻高々
です。その日は「せやな〜」と、そのまま大人しく帰り、やっぱり軽すぎるんやろか?と、今一度アイアンのシャフトを考えてみました。

スチールシャフトなら日本シャフトさんだろうと、HPを見てあれこれシャフトスペックを調べていましたが、とあるブログが目に留まりました。
それは日本シャフトの女子ツアーレップの方が書かれているブログで、ドライバーとアイアンシャフトの重量差に関して書かれていました。

ヘッドスピード 40m〜43m/sの女子プロのドライバーとアイアンシャフトの重量差は30g弱で、男子プロの重量差は約50gとの事です。


VOL.1674 暗中模索はアイアンのシャフト?

ドライバーとアイアンのシャフト重量差30g弱ですか・・・ 私のヘッドスピードは四捨五入を許して貰っての約40m/s(汗;)ですが、この伝で
行くとドライバーのシャフトが569ならばアイアンのシャフトは80g台で、474なら70g台って〜事でしょう。

それでまずはドライバーのシャフトの選択に練習場に初代 569(R)とEVOIII 474(R)を持ってカチャカチャして来ました。かなり長い間打ち比べて
見ましたが、569はしっかり振らないと駄目なのに対して、EVOIII 474(R)の方が楽に振れます。それとEVOIII 474(R)の方がシャフトの撓りを
感じられる事が出来ました。これはトルクの差?とキックポイントの違いだと思います。初代 569は先は走るのでしょうが手元はしっかり気味で、
撓りを感じるまで振れません・・・(汗;)

となると、私のアイアンのシャフトの選択肢は70g台って、それやったら今のシャフト(Fujikura MCI 70(R))でええやんか〜!も・・・


VOL.1675 アイアンは?

今のままで良いのですが、練習場で周りの私より確実に年配の方々が一生懸命スチールシャフトを振っているのを見て、こんなに軽くて良い
のだろうか?と悩んでいますが、それなら見た目でスチールな ZELOS7!と思い、新発売の ROGUE Ironを見て来ましたが、すっかりAPEX
の薄いトップブレードとコンパクトなヘッドサイズに慣れた私には大きな分厚いアイアンでした・・・(汗;)

それとAPEXの#7で比べた際に、MCI70 (R)とZELOS 7 (R)ではMCI70 (R)の方が軽かった事を思い出したので却下は、ROGUEのカスタム
ではZELOS装着モデルは一本¥2000円アップとなります。これは標準がテーパーなZELOSを特注でパラレル仕上げにしたので高くなった
のかも?ですが、これも却下の要因の一つです。(それともヘッドのホーゼル部の加工?)

スポルディングの名称は売却もAPEXのブランド名は付随していないので、もう暫くするとニューエイペックスアイアンが登場するかもという
期待を持ちながら、暫くは今のアイアンを使おうと思います。


VOL.1676 肩への慰労

パブ選西日本地区決勝の練習ラウンドは雨のために中止となりました。16日のラウンドの叩き台とする予定だったので困りました。
で、道具屋筋にチタンの鍋を買いに行きました。

40年以上振り続けていた鉄の打ち出し鍋の重さは約1.8kgもあり、振る時はまだましなのですが、料理を皿に盛りつける時には鍋の重みが
ズンズンと腕と肩に掛かり悲鳴を上げています。それで以前から軽い軽いと聞いていたチタンの鍋を購入しました。

重さは何と!の900gで、非常に軽いです。火加減や鍋の返り具合が従来と全く違うのでまだまだ試行の段階ですが、そこはその道40有余年
の私ですから・・・(自惚;)

これでもう暫く鍋を振れそうですが、加齢と練習不足で体力の衰えてくる私のゴルフクラブが軽くなるのは必然の事なんでしょう・・・(諦;)


VOL.1677 猫ちゃんやワンちゃんに恨みは有りませんが・・・

キャロニャンにキャロワンですか・・・(呆;)。ペットブームな日本ならではの事かも知れませんが、ペットと同じ柄のウェアを身に
着けるという事は私には考えられません。TSIホールディングスと提携して以来私とすっかり趣旨の離れたキャロウェイアパレル
からは距離を置いていますが、一度キャロウェイアパレルの方にどう思っているのか本音を聞いて見たいです。やはり売れれば
官軍なのでしょうか?

クラブに関してはここの所の出来栄えに我慢は出来ていますが、事ここに至ってはキャロウェイと距離を置こうかと・・・(悩;)

今一番ゴルフそのものに向き合っているメーカーで私が使って見たいと思うのは PING GOLF です。フォージドに惑わされる事も
無く、少ない商品のラインナップと昔からのライ角のカラーコードを未だに引き継いでいる実直なメーカーだと思いますし、昔は
ピンアイ2にも嵌っていました。そして今でも倉庫にはバブル絶頂時を終えた頃に購入した PING ANSER SCOTTSDALE が眠って
います。

事によると、「Do you like Callaway golf ?」から「An old PING man is here」って〜タイトルに・・・(汗;)


VOL.1678 練習にも行かず・・・

余りに肩から腕が痛く、寝る時もズキズキと疼いています。そんなで練習にも行けず(行く気も・・・(汗;))、家でTVを見ていると
面白いゴルフ番組がありました。「ゴルフサバイバル」という女子プロが10名参加して1ホール毎に1人が脱落していくという番組
です。

見たのは470yのパー5のホール。雨模様で下はぬかるみランも出ず、向かい風が吹くという過酷な条件でしたが、10名のプロ
全てがティーショットを1Wで打ち、セカンドショットを3Wで打った後(一番飛んでいたプロはセカンドで5Wを選択していたような
気も・・・)の第3打からのお話です。

残った距離と使用クラブは165y/5W、155y/9W、150y/UT5、135y/#7、127y/UT5、124y/#7、120y/#7、115y/#8、
112y/#8、100y/PW となっていました。因みにグリーンに乗ったのは残り距離が127y以下の選手でした。

この残り距離を見て飛距離の違いを思い、クラブの選択肢の考えの違いを思い、色々と考えさせらました。あのようなコースの
状況から残り135yで#7を持つなんて事はクソMだったら鼻で笑う事でしょうね・・・


VOL.1679 怖い物見たさにも程がある・・・(汗;)

先日のゴルフは私を除いた3名のHDCPの合計が4という恐ろしい組み合わせで、友人からは「よ〜そんな中でゴルフしようと
思うわ。怖い物見たさにも程が有るで〜」と言われました(汗;)が、シニアアマの上手い人のプレーを見て学ぶ事があればと、
高く付きそうな授業料にちょっと(かなり?)ビビリながらのスタートです。

一人の方はクソMの所属するコースの一昨年のクラチャンで、昨年の悪天候の中、難関コースであるゴールデンバレーで
開催された「関西ミッドアマチュア選手権決勝競技」でシニアながら35位T(2日目まで81、81で25位Tでしたが、今年の
日本ミッドは九州開催なので参加はどうかな〜で、終盤踏ん張りが効かなかったそうです・・・)という立派な成績でした。

そんな彼と是非一緒に回って見たいとの思いで今回のラウンドがセッティングされたのですが、相変わらずのクソMの戦線
離脱中でとんでもない方がご一緒する事となり、それを知った友人が漏らした言葉が題名です・・・


VOL.1680 怖い物見たさはどうなった?

グリーンはエアレーションで転がりがイマイチでしたが、グリーンの良い状態だったら一体どんな事になっていたのでしょう・・・(怖;)
半年以上ぶりの私のスコアはさておいてです(汗;)が、「勝負に不思議の勝ち有り」でした・・・(笑;)


VOL.1681 スペシャルゲストは?

定休日無しでシーズン中は早朝〜通常〜薄暮〜ナイターとフル稼働。昔はスタート室前にATMまで設置されていた、堺では猛者の
集まるゴルフ場として有名な某コース所属で、その猛者達も避けるという(汗;)御年71歳の方が参加されました。

ピンと背筋が伸び、ピンに対して本当にスクェアなアドレスを見て、只者ではないという思いを深く持ちました。ドライバーの飛距離は
ゆったりとしたスイングから、切磋琢磨な二人(私は範疇外です・・・)よりまだ先まで飛んでいます。

以前は良く競技にも出ておられたそうですが、腰を痛めてからは歩きでの連日のラウンドが辛くなり、今はプライベートなラウンドのみ
との事でした。淡々と物静かにゴルフをするこの方を見ていると本当に簡単そうで、グァッ!、ギャァ〜!、あァ〜と咆哮する私がとても
情けなく思えます・・・(泣;)


VOL.1682 取り敢えず・・・

お昼の休憩で誰もアルコールを摂取しない中、一人ビールと焼酎を飲みながらお話を伺っていましたが、取り敢えずドライバーの
飛距離が圧倒的に不足しているそうで、せめて今より後10yはコンスタントに飛ぶようにならないとお話にならないそうです・・・(泣;)

それで午後からは皆さんのギアを覗きましたが、3人共ドライバーのシャフトは50g台(2人がComposite Techno Fire Express K2
で、1人はWACCINE COMPのGR350)で、一番若いシニアのフレックスはGR350のX。後の2名はSでした。

アイアンのシャフトは3人共フジクラで、一番年配者の方が1人がMCI 90(S)、他の2人はMCI Black 80(S)でした。私はMCI 70(R)
ですけど・・・

最終ホールのティーインググランドで1人のドライバーを持たせてもらいましたが私のドライバーより遥かに長く、聞けば47インチ仕様
との事でした。年を取りトレーニング等は全くせず、体力がどんどん衰えていく私に残された手っ取り早い飛距離アップへの道は
やはり長尺化しか無いのか!?


VOL1683 長尺化

長くする=バランスが重くなるなのでシャフト先端にスリーブの付いたクラブはご法度でしょう。そこで選び出したのは元々長尺(45.75
インチ)として発売されていた上の画像のドライバー2種です。

先ずはレインボーに輝く LEGACY PLATINUM です。オリジナル状態の 286g / C9 / 45.75inch を約40gの装着グリップから約52gの
グリップに替えて約2cmシャフトを延長させました。で、 299g / D0 / 46.5inch のドライバーとなりました。

もう1本は「さぁ あの頃の飛びへ」でお馴染み?な、Big Bertha BETA です。カスタムのSPD 474(R)装着で 263g / D1 / 45.75inch
は流石に軽過ぎ!。約25gのグリップを50gのグリップに替えてバランスが C6.5まで落ちたので鉛で調整し、292g / D0 となりました。


VOL.1684 無理から・・・(汗;)

乾燥室に白や黄や赤や青の華が咲く一日でした。ここの所毎水曜日雨(泣;)。本当なら行きたく無いのですが、ドライバーの
出来を試したいがために取り敢えずコースまで行き、そこで判断しようと相成りましたが、一度コースまで来てしまうと今頃家に
帰ってもする事もないしなぁ〜とか考えたり、次々スタートしていく年配の方々(コンペだったようです・・・)を目の当たりにすると、
中々とんぼ返りは難しいものです(笑;)・・・


VOL.1685 無理からは・・・(泣;)

事前に練習には一度だけ行きましたが、LEGACY PLATINUMはボコッとした打感と間の抜けた打球音、それと一番問題だった
ちゃんと打てない(汗;)等が積み重なってのお蔵入りとなりました。

で、持って行ったのはBig Bertha BETAだったのですが、雨中のラウンドだったのかどうかは?ですが、捉まりきらず右に飛ぶ球が
多く、フェースの左向け加減が足らんのか?、やっぱり11.5度が正解やったか?と少し反省モードでした。このシャフトのバットを延長
して65.25インチ位で使用して見ようかと思ってはいますが、フェアウェイは水浸しでランも無く、キャリー180y強が一杯一杯の状態
だったし、途中で鉛が外れて知らんまにバランスC6.5で振っていたりと正確なジャッジは出来ず、今一度条件の良い元で使用してから
決めても遅くはないだろうと、次回の愛知県の井上誠一氏設計コース「南山カントリー倶楽部」で今一度!ですが、雨は降らんやろね〜


VOL.1686 ドライバーの前に・・・(笑;)

久々に良く晴れたお天気の元、愛知県の「南山カントリー倶楽部」にお邪魔しました。ドライバーの結果は!?の前にそれより
重要なフェアウェイウッドに関して少々・・・

前々回のシニアとのラウンドで思い知らされたのはフェアウェイウッドの重要性です。ドライバーの飛距離の差約20yが第2打を
終えると、約40yの差になっています。彼らはティーショットをミスってもセカンドのフェアウェイウッドでソコソコの所まで
持って来ます。

今回のラウンドでは良く使用したフェアウェイウッドに大きなミスが無かったのでスコア的には非常に助かります。が、白マーク
から回ったはずなのにそれだけフェアウェイウッドを多用したという事は、ドライバーは・・・(泣;)


VOL.1687 スコアの決め手!?

ティーショットを打ってもグリーンまでまだ200y以上残る絶望的状況、ここでFWをミスるともうボギーの目は殆ど有りません。
前回のラウンドではそこを上手くクリア出来たので3パットや池ポチャ等の大きなミスをしたホール以外はほぼほぼボギーで
上がる事が出来ました。そんなFWと言えば・・・

エースは SPEEDER FW50(R)装着の X HOT #5W / #9Wです。次は EPIC USの#5W(カチャカチャ機能付きで18度設定で
使用)
/ #7Wで、シャフトは SPEEDER EVOIII FW50(R)。これは打感の硬さに少々・・・で、次は友人の XR16 #4W / #7Wを
試打して絶対に#4Wは不要!と認識を高めた後の ROGUE Star #5W / #7W ノーマルシャフトのSRでした。 これは打感の
硬さとあっちゃ向いてのフェースが解消されてマズマズ以上に良かったのですが、何で手放したのか?今だ謎です・・・(汗;)


VOL.1688 新しい休日の過ごし方・・・

来月の「茨城ゴルフ倶楽部」遠征までラウンド予定も無く、当然ながら練習に行くまでもなく、益々ゴルフ熱が冷めかけて
いますが、そんな私の休日の過ごし方と言えば・・・店の備品の仕入れで道具屋筋に行ったついでに新世界でお馴染みの
串カツでは無く、最近はホルモン焼きに嵌っています。

ハラミ、マルチョウ、上ミノで腹を、冷た〜いビールで喉を満たし、こんな事で良いのかと少しだけ反省しつつ・・・(汗;)


VOL.1689 続・新しい休日の過ごし方・・・

勤続40有余年、体はガタガタです。そこで週休二日制を取り入れようと思っています。普通なら二日連続のお休み
ですが、私は水曜と日曜にしようと思っています。

それで日曜日お休みの予行練習に、先日中京競馬場へ行って来ました。

その日はプラスで終える事が出来ましたが、毎週続けるとマイナスになるのは明白で、日曜日も休みにするのならば
この歳になってからの会員権購入も有りかな〜と思っています。


VOL.1690 現況報告とリセット!

本日病院に行って来ました。何処の整形外科にしようかと思いましたが、最終的にはMRI検査も念頭に置いての
一番近所にある「堺市立総合医療センター」です(汗;)

紹介状無しの初診には選定療養費(税込)の5400円は掛かるし、予約も無しなので8時過ぎに受付を終えたのに
診察は12時前でした・・・(待;)

診察の後にレントゲン撮影をし、その画像を見ての診断は「頸椎椎間板ヘルニア」で、MRIは有りませんでした(笑;)
これには治療法はこれといって無く、痛みに慣れる感しか無いようですが、色々余計な事を悩んでいたのである程度
安心しました。

リセット!に関しては、「茨城ゴルフ倶楽部」遠征の直前に練習に行き、余りにアイアンがペチャっとなるので宅急便で
バッグを送る際には元エースの RAZAR X アイアンを送りましたが、体が不調な上に炎天下での歩きのラウンドでは
N.S.PRO850GH(R)のシャフトも少々?手強かった(ピンまで残り約138yを#7でナイスショット!のつもりも手前BK)で、
70g台シャフトで観念する事となりました。

ドライバーに関しても Big Bertha BETA のバットを継ぎ足して46.5インチに仕上げましたが、エースドライバーの XR16
とどっこいどっこいで、今一度リセットです。


VOL.1691 薬漬け

3食後にカロナール(アセトアミノフェン)2錠、夕食後にリリカ(プレガバリン)1錠を14日分処方されました。
飲み続けてかなり痛みも治まりましたが、少し油断して薬を飲み忘れると夜に痛みがぶりかえります。

このまま薬を飲み続けないといけないのか!?と、焼酎の水割りで薬を流し込む私が偉そうには・・・(汗;)


VOL1692 シャフトのリセット

「別府扇山ゴルフ倶楽部」でご一緒頂いた、立命館アジア太平洋大学在学中(この秋からプロを目指して
アメリカ西海岸〜タイ〜宮崎とゴルフ留学するそうです・・・)の松本君から色々為になる話を聞きました。

シャフト云々の前にどんな球を打ちたいのか!?が有りきだそうです。彼の場合はフェードボールが持ち球で、
それに合わせたドライバー(PING G400 8.5deg.にTENSEI CK PRO WHITE 70TX装着)を選択しています。

以前から競技に出ている友人に聞いていましたが、パブ選や関西アマの予選に出ると学生(それも中学生や
高校生だそうです)の半端ない飛びに嫌になって来るそうです。しかしここまでの飛距離の差を目前にすると
嫌になる前に笑ってしまします。なんせ私が220y残るミドルのセカンドが52度のウェッジですから・・・(諦;)

そんな彼にスイングの悪癖の修正(トップのシャフトクロスを無くすためトップをコンパクトに)を示されましたが、
ここで私なりに閃きました。以前から言われ続けていたダウンでのシャフトの撓りを!


VOL.1693 続・ シャフトのリセット

トプからの切り返しでタメが無いので、手元の軟らかいシャフトを使用してタメを作る方が良いのでは?と
良く言われていたのを思い出しました。コンパクトなトップからは、切り返してからボールまでの距離がより
短くなるので、手元の軟らかいシャフトの方がタメが作れて合うのでは?です。

従来から手元調子のシャフトは左を嫌い、スピン量を減らしてボールの上がり過ぎるのを抑えたいハード
ヒッター御用達シャフトと言われています。反対に先調子は手元が硬くて先端が柔らかいのでボールを
上げ易く捉まりの良いシャフトと言われて私も使い続けていますが、本当にそれが私に合っているのか
どうか甚だ疑問に思えて来ました。で、一度特性が真逆なシャフトの選択です。

因みに、手元と先の軟らかいダブルキックポイントシャフトは今回は選択肢の中からは外しています。

早速めぼしいシャフトを探して見ますが、希望のキックポイントは手元か手元〜中、せいぜい妥協しての
中でしょうが、この中のチョイスは選択肢が多く、シャフトの特性も様々っぽくて悩ましい所です。

浮かび上がってきたシャフトは三菱レイヨンのディアマナ Wシリーズ、マミヤUST ATTAS PUNCHシリーズ、
フジクラ Motore VC.2シリーズ(古いか!?)って〜所でしょうか? 


VOL.1694 続々・シャフトのリセット

購入しました。ディアマナW50(R)です。手元調子は元々硬く感じるそうなので悩まずのRです。
何故50g台のシャフトにしたかと言うと、そもそも40g台はラインアップには無く、試打用刻印が入っている
のと、マルマンのスリーブ装着が影響して?かなりお安く購入する事が出来たからですが、結構しっかりと
刻印が入っています・・・(汗;)

カタログ値ではW50(R) 55g / 4.3 / MID-HIGH となっています。早速キャロウェイのスリーブを装着して
XR16に装着しましたが、シャフト長44.5インチそのままで 307g / D0.5というスペックになりました。

早速試打して来ますが、一番怖いのはこれが良すぎて他のシャフトにも疑いの目が行く事です。


VOL.1695 続続々・シャフトのリセット

14日のラウンドに向けて一回だけ練習に行きました(汗;)。ワッグルすると先端が結構撓り、それ程硬い印象
は受けませんでした。いつもの11.5deg / Dポジションで打ちましたが、やや右に出た球はそのままより右に・・・

これじゃ〜いかんと、12.5deg / Dポジションにすると今度はフェースがやけに左向け左で、左に出たボールが
スライスして右へと、左に行かない事だけは認識出来ましたが、頭をよぎったのは「失敗!?」でした。

こりゃ〜今度のラウンドはとんでもない事になるだろうな〜と諦めつつ、最後に12.5deg / Nポジションに設定し、
1球も打たぬまま当日を迎える事にしました。 

で、酷暑の中のラウンドでしたが、ドライバーでのOB、チョロは無く、球も飛ばないながらも左に引っ掛かる事は
無く、ややスライス(良く言えばフェード!?)気味にソコソコの高さで飛んで行きます。これはこれで十分以上に
使用できる目途が付きましたが、これより一層の飛びを求めるならば、全体的により軽く、軟らかくなった40gの
シャフトでしょう。そうなると選択肢は ATTAS PUNCH 4R 48g / 7.3 / Midでしょうか!?


VOL.1696 警察ネタ 第2弾!

友人がゴルフ帰り食事に行った際、パーキングに止めていた車が車上荒らしに会い、バッグごと盗まれました。

自分の車なら保険が適応されたそうですが、友人の車だったために保険は適応されないとの事で、自分自身で 
フルセットを新規に購入しないと駄目(一応被害届は出しましたが、戻って来るなんて事はこれっぽっちも思っては
いませんし・・・)で、中古で良いから揃えて欲しいとの依頼が有りました。

彼は生粋の ONOFFerで、取り敢えずドライバーをオークションで検索していましたが、盗まれたドライバーが出品
されているのを見つけました!

何故直ぐに分かったかと言うと、ONOFF KURO 2015 9deg. に N.S.PRO950DR(X) のシャフトを入れてる奴なんて
日本でに1人しかおらんやろ!です。


VOL.1697 続・警察ネタ 第2弾!

早速盗まれた友人に連絡し、彼から被害届を出した警察署に連絡しました。出品されているクラブが間違いなく
友人の物であるとの立証は困難(シリアル番号を控える等の自己防衛策が必要と・・・)ながらも、クラブを出品
していたゴルフショップに警察から連絡(店との直接の接触は控えて欲しいとの事)したそうです。

今はクラブを売る際には身分証明書をコピーするのがショップ側の義務ですが、普通なら殆ど運転免許証を
提示するでしょうが、その犯人は健康保険証を提示、買取り価格を受け取り、ショップの方がコピーを取って
いる間に姿を消したそうです。


VOL.1698 続々・警察ネタ 第2弾!

警察がクラブを証拠物品として押収したそうですが、所有権は取得した中古ショップにあるそうで、買い取った
代金¥15000の半額で取り戻せるとの事でした。古物商の免許を持つ某氏からは「盗品を買い取った場合は
返却する義務が有る」との意見も伺いましたが、そのクラブが間違いなく自分のものであるとの証明が困難で、
シリアル番号や製品番号を控える等の防御策が必要となりそうですは中々そこまでは・・・

悔しいながらも¥7500で取り戻したそうですが、どう贔屓目に見てもドライバー、5W、UTの3本の買取価格の
計¥15000は高すぎて有り得ない金額です。

買取りで一番怪しまれるのはバッグごと持ち込むパターンだそうですが、犯人もそれ程馬鹿ではないでしょう。
アイアン(ONOFF LABO Spec)と3Wは他のショップ?、ネーム入りのバッグは廃棄(汗;)されたようで、
他の管轄の警察署から放置されていたとの連絡を受けて引き取って来たそうです。

尚、身分証明に使用された保険証も他の方から盗んで来た保険証だったようですが、今後は買取店での身分
証明には顔の分かる運転免許証しか受け付けないようにしないと駄目だと思います。


VOL.1699 久々ゴルフネタ!?

ヨネックスは14日、全米オープンで優勝した大坂なおみが使用しているラケットについて、「ほぼ市販品」とした
説明が事実と相違していたとしてお詫びし、訂正した。

マスコミ各社に送った文書には、大坂と契約を締結した14年から使用しているラケットは、大坂の要望に応じ、
フレーム重量平均312グラム、バランスポイント308ミリにした。この数値は販売している商品との差がともに
約2%だったことから「ほぼ市販品」と答えていたそうだが、「同選手の要望に合わせて調整を施しており、結果、
現在販売している商品とはラケットの形状やグロメットも厳密には異なっております」と、市販品と100%同じでは
ないとした。

ちなみに、ガットは市販品と同一だということだが、そもそも世界で戦うプロが市販品のラケットでプレーしている
はずがない。選手の個々の要望に合わせて手を加えるのは当たり前だ。

例えば、ゴルフクラブもそうだ。メーカーと契約している著名なツアープロたちは、「10ヤード飛距離が伸びた」
「このアイアンは飛んで曲がらない」と、アマが飛びつきそうな宣伝文句を並べる。

しかし、バリバリのツアープロが使っているクラブは市販のものとそっくりでも、ヘッド、シャフトとも似て非なる
ケースがほとんど。シャフトは独自契約しているメーカーのものを使いながら、純正シャフトと同じカラーに
塗り替えている悪質なケースもある。
ヨネックスは早くに「お詫びと訂正」を出して正解だ。

日刊ゲンダイさんからの引用ネタですが、このシャフトの件に関しては私も聞いた事が有ります。
某シャフトメーカーが新発売したカラーのシャフトを使用も、その中身は以前から発売されているシャフトの
カラーリングを新発売されたシャフトに変えただけと言う・・・(汗;)


VOL.1700 もう一丁!

エースドライバーのヘッドが割れ(プロのヘッドは反発係数ギリギリまで薄く研磨しているので割れやすいと
聞いた事が有ります)てドライバーのヘッドを探している小平プロですが、所属するPRGRでは彼のために
重心距離が0.2mm、0.3mm違いを10個、0.1mも変わらないものを5個とか、ロフト 10.6度、10.7度、10.8度、
10.9度等を用意して試しているようですが、これもPRGRのクラブを使用したいプロと、使用して貰いたい
メーカーとの意思の疎通があるから出来る事なんでしょう。

一方某メーカーでは何としてでも某契約プロにドライバーを使用して貰おう(って、社命が出てる筈)と、
「ドライバーをゼロから作り直せ」の号令の元 Z785 / Z585 が出来たようですが、果たして彼は試打した
のでしょうか?

このメーカーならPRGR以上に無理難題でも製品(プロトタイプ)にフィードバック出来ると思うのですが・・・


VOL.1701 そろそろ・・・

8月中旬にラウンドして以降全くボールを打っていません(大汗;)が、10月にラウンド予定が入り、いよいよ
練習にもと思っていますが、ボールを打つ前に少しアイアン〜ウェッジを手直ししました。

今までは APEX #7-PW / Mack Daddy4 52-12 W Grind / SURE OUT 58 だったのを #7-AW / SURE
OUT 56に変更しました。SURE OUT自体は打ち易いクラブだと思っているのですが、58度はボールが上には
上がるのですが前に飛ぶ力が弱いような気がして56度にしました。それに伴っての52度から50度のAWへの
変更です。


VOL.1702 アイアンのリシャフト

購入した APEXのAWのシャフトは N.S.PRO950GH(S)です。56度の SUREOUTも同じシャフトなので良いと言えば
良いのですが、何か気になると言えば気に・・・で、どうしようか悩んでいたのですが、キャロ好きが高じて工房まがい
(汗;)をされているキャロ好きさんからの「リシャフト代金はギョーザで良いですよ」との甘い囁きにクラブを名古屋に
発送しました。

今回のシャフトはスチールにしようと決めていましたが、その候補は ZELOS7と ZELOS8でした。以前 ZELOS7(R)の
APEXの#7を打たせて貰いましたが、MCI70(R)より軽い感じがしたので、ドライバーのシャフトも40g台から50g台に
重量アップしたのでままよ!と、 ZELOS8(R)で組んで貰いました。本日ラウンドで使用してきます。


VOL.1703 期待通りと嬉しい誤算

SUREOUT 56度は期待以上の活躍でした。バンカーは一回だけでしたがすっと脱出、その他もグリーン周りのラフ
からだけでなく、フェアウェイからも打ち込むスイングでは無いだけに広いソールが滑って非常に扱い易かったです。

嬉しい誤算は、余りにバッグ内の本数が少ない(11本)ので6番アイアンを入れてみましたが、150y強のパー3ホール
で2つナイスオンしました。150y近辺での距離に、UT6H(29度)では少々大きい?と加減する所をしっかりと打てそう
な感じがしてナイスでした。


VOL.1704 半端ないっす!

10月25日から「マイナビABCゴルフ」が開催される「ABCゴルフ倶楽部」にお邪魔しました。着々と準備は進み、
当日のコンディションは刈り高3.8mm、スピード10.0feet、コンパクション23.0mmとまだまだ甘い?ですが、ラフに
ボールがずっぽり埋まると探し出すのが容易いない状況でした。

お約束(汗;)の雨の中でのプレーも手伝って、濡れた深いラフからの脱出は、私レベルのヘッドスピードではショート
アイアン以下の番手でやっとでした。それもやっとの事でチョロっと・・・で、お蔭で無理したパー5は2ホールで二桁を
叩いてしまいました・・・(泣;)

例年のトーナメントでは約14feetが普通ですが、今年はラフが深いのでもう少し遅くなるかも?との事でしたが、兎に角
酷いラフでした。これをリシャフトしてくれたキャロ好きさんに伝えると「ラフに絡まってヘッドが飛んで行かなくて良かった」
とのコメントを頂きました・・・(笑;)


VOL.1705 ゴルフの楽しさ

友人が「関西ミッドアマチュア選手権」決勝開催コース「琵琶湖カントリー倶楽部」に連ランのお付き合いで行って
来ました。クラブ競技でも使用しないというバックティ(黒)の後ろのティからで、パー4のセカンドの残り距離は約
200〜220y、パー5でも第3打が約180y残るという有様だったようで、面白い事も何にも無かったそうです。

彼はその残り距離を3U、4U、5Wで凌いだそうですが、その彼より約70yは飛ぶという決勝出場選手の残り距離は
当然ながらの150y近辺で、鼻から勝負になる筈が有りません。その友人から遅れる事約30y?の私なら苦痛以外
何物でも有りません。

先日のウェッジで打ってもようやく出るだけの深いラフや物理的に無理な距離のコースでゴルフなんてするべきでは
ないという結論に達しましたが、グリーンだけは少々速い方がスリリングで面白い(先日のABCではパッティングが
非常に良かったです)のでは?と思いました。


VOL.1706 続・ゴルフの楽しさ

友人の一人は現在がんの闘病中でゴルフどころではなく、一人は競技での歩きに限界を感じて?、パブリックや
新聞社主催のカートに乗れる競技に参戦中。一人は出れる競技は出まくりだったですが、前回の台風21号で経営
する自動車修理工場が被災して今後の予定は未定。一人は家業を息子に譲りゴルフ三昧も成績はイマイチのよう
と、様々な展開ですが、競技ゴルフとはミスを如何に少なくして良いスコアで回るか!で、私のおちゃらけゴルフとは
対極の位置に有ります。ミス出来ないゴルフも大変なんだろうなぁ〜と、目の前の打席で打っている高校生ゴルファー

を見ながら思いました。

そんなおちゃらけゴルフでも余りに下手過ぎると面白くも何ともなく、ある程度の腕前は必要です。そんな中での
今回のゴルフは前回に続いて余りに酷すぎたので、ビールとアメリカンドッグという侘しい車内でした・・・(汗;)


VOL.1707 続々・ゴルフの楽しさ

嫌になったのが、必死に5Wを練習する私に「ちょっと打たせて」と言った友人の打つ私の5Wの球の飛距離と
弾道の私との違いです。これがヘッドスピードの違いか!?と諦めと共に、先日のゴルフでは全くなっていない
体たらく(体が全く回っていないのとヘッドアップが諸悪の根源だと・・・)にゴルフなんて楽しい事も何ともなく、
辛いだけの遊びだと気付きました。どうします?

 


TOP